「外国につながる子どもたち」について学びました―第14回親子ぐるみ勉強会

弁護士の吉田朋弘氏をお迎えし、3月10日(日)、第14回親子ぐるみ勉強会「外国につながる子どもたち」を開催することができました。
在留資格という特有の問題が、彼ら/彼女らの教育(進学)、貧困、非行の問題と深く結びついてしまっている。このことを、具体的な例を挙げながら、詳しくご解説いただきました。
将来のある子どもたちに対しては、人権、人道という見地に立って考えてみることも必要だ、との吉田先生の言葉には、弁護士としての実務者感覚を感じ取ることができました。
外国につながる子どもたちが、「様々な課題を克服するには大学等への進学がカギを握っており、その意味でも学納金支援(奨学金)は非常に重要だ」とのお言葉もあり、私どもとしても大変勇気づけられました。
ご多忙にもかかわらず、勉強会講師をご快諾くださった吉田先生に、心より感謝申し上げます。

******************** お願い ********************
2018年度から学納金支援等を開始しております。
学生を継続的にサポートするためにも、 市民、企業・団体の皆様のご協力が不可欠です。
ぜひ私どもの活動をご支援ください。 ご支援は こちら からお願いします。 **********************************************

Pocket