理事長の挨拶

 私たちは目の前の若者に向き合う大人として,「大学卒業をあきらめる若者を減らしたい」という思いで,NPO法人親子ぐるみネットワークを設立しました。

国による大学の授業料免除や給付型奨学金の制度が新たに創設され,高等教育を受ける「機会の平等」を保障する方向に進みつつあります。
しかしながら,これまでもそうであったように,必ず制度の枠組みから外れる場合があります。

仮に授業料が免除になったとしても,家族の生活を支えるために大学を途中であきらめざるをえない場合も多々あります。もし,家族を含めて生活のことを相談する相手がいたならば何らかの解決方法を見出せたかもしれません。

そこで私たちは,学納金の支援と共に,卒業までの寄り添い型の福祉支援を提供すれば,確実に夢への一歩を踏みだせると考えました。

そしてこの事業に賛同くださる方が必ずいることを予感しています。子ども食堂を始め,子ども若者に対する私たち社会の関心は高く,未来を作り出す者たちを支援したい,という思いは同じだと感じるからです。

ぜひ,私たちが行う「親子ぐるみ支援」へご理解を賜り,一人でも多くの若者が自分の未来に向かって歩き出せるように,ご協力くださいますこと切に願っております。

特定非営利活動法人
親子ぐるみ支援ネットワーク
理事長 福本麻紀


福本麻紀プロフィール
社会福祉士 独立型社会福祉士として地域の子どもから高齢者,障害者まで幅広い相談に応じている。
おひさまネットワーク代表
日本社会事業大学,立教大学非常勤講師
1966年福岡県生まれ,山口大学農学部卒,立教大学コミュニティ福祉学研究科修士課程修了

Pocket