「子どもの居場所づくり」について学びました―第16回親子ぐるみ勉強会報告

本年度より、理事長に就任した福本麻紀氏(おひさまネットワーク代表)を講師として、東京都清瀬市における「子どもの居場所づくり」について情報提供いただきました。

清瀬市で、どのように「子どもの居場所」(子ども食堂や学習支援など)が発展してきたのか、また福本氏自身が、どのような経緯で子どもの居場所づくりに力を注ぐようになったのか。お話をうかがっていて興味が尽きませんでした。

貧困の多面性。経済的貧困、文化的貧困、関係的貧困…。子どもの居場所づくりは、関係的貧困を緩和・解消する可能性を秘めたものであるとの指摘は、私どもにとって特に心に響くものでした。子どもたちが、おじいちゃんやおばあちゃんの家にぶらっと来る感覚、そんな感覚を持てるような雰囲気作りを心掛けたい。子どもの居場所づくりにかける思いを知ることのできた、良い機会でした。

ご多忙の折、講師を快くお引き受けくださった福本さんに、感謝申し上げます。

******************** お願い ********************
2018年度から学納金支援等を開始しております。
学生を継続的にサポートするためにも、
市民、企業・団体の皆様のご協力が不可欠です。
ぜひ私どもの活動をご支援ください。
ご支援は こちら からお願いします。
**********************************************

Pocket